太陽光発電のリフォームをお考えならまず複数社との見積もり比較をとりましょう!

リフォームをするなら、設備機器の交換を含めてちょっとであってもお願いしなくてはいけないケースもよく聞きますが、こういったリフォーム工事は総合工事請負会社といった所には行かないで、その分野スペシャリストに担当してもらうのも一つの考え方です。言い換えれば、持続力が10年ある塗装剤と言っても壁の表面にヒビもなく壁が汚くなってしまっていることだけが目立つ住宅ですと、壁面の汚れだけ心配しなければ、壁の塗装を15年持たすことも出来ると述べたりも出来てしまいます。

けれども、いかほどの理屈や理由があっても外壁塗装の工事に関して言うと想像以上に安く満足のいく工事は塗装を担う会社が赤字覚悟で塗装工事をやらないと決してあるはずがないと考えた方が良いです。



完全に同面積のお宅でも、塗装を担当する職人にとってはまるっきり同じ家ではありません。

なおかつ壁がサイディングですと、シーリング工事プラスされます。各々家が別物であることで、仕事の中身も作業量も異なることから、値段も千差万別であることを知っておいた方が良いですよ。住居に歪みが起こることが要因となって生じてしまうのがヒビなんです。



基本的なことを挙げると、新築から10年経つと壁をコーティングしていた塗料が剥げてくるにしたがって、ヒビも見えてきてしまうと聞きますよ。想定外の問題が出てきてしまった時、それまでの事を白紙にしてしまうことがないよう、自らの仕事に自身に責務を課すことを明確化している業者に決めるのが良いですよ。


業者の中にはウレタンで塗装の場合は7年、シリコン塗装は12年、塗料がフッ素なら15年など明確な年数で示している業者も見掛ける事がありますが、消費者からすると非常に分かりやすくいいと思いますよ。




外壁を塗装して、その塗装がうまいのか状態が良くないのか素人からしたらどう頑張っても判断がつかない。言ってしまえば、高く契約して手を抜いた工事をしても残念ながら分からない。

耐震補強にかかってくる工事費は家の築年数、規模補強工法の違いによって参考として言うと静岡県が調査を行った「H15年度補強補助に係る工事費の概算調査」によれば、補強工事にかかる平均経費はリフォーム担当のスタッフも新築建替えの部門内で力不足だった営業だった社員が人事異動でリフォーム部門に転属している事も少なくないので、そのような会社の仕組みが誠意を持って依頼人の事を推し量っっていると断定できるとおもいますか?言い足すと、質の悪い業者が工事をするとどれほど高くて質が高い塗料を用いて工事を行ったとしても、現場で塗装する時になって塗装を施す技術者が要となる作業の量を加減していたのでは、一切やった意味がない塗装だったということになります。




足場の費用は見積書に含まれているものの中でもとても単純で、業者間の見積もりの内容でも比較が容易なので、わざわざ価格を安く設定している塗装屋さんもあるんですよ。耐力壁を単純に増量しただけでは、確実な耐震を適えた補強工事だとは言えないのです。耐力壁のバランスを考えながら組み入れることで、正常と言える抵抗力が働くのです。


工事するのは、言ってしまえば、協力会社(下請けとも言います)の工務店なのでハウスメーカーの家づくりの指標と一緒で、筋合い的には工事にかかるお金は、大工さんや工務店に任せるより確実に高く払うことになるはずなんです。



昔ながらの木造の家では、南面に大きめの窓がけっこう配置してあったり、部屋を仕切るものが従来の和風の家で多く見かける襖や障子だったりする場合が少なくないので、耐久の為に必要な体力壁の量が乏しい場合がたくさんあります。




かなりの築年数が過ぎた家の場合は、窓枠やひさしなどの類に多くの木材と鉄材の類の建築資材が使用されているため、その採用された建築資材の部類の分だけより沢山の塗装を施すことになります。


塗料には人気のシリコンの他に、アクリルやウレタン、フッ素、または断熱、光触媒というように多岐にわたります。

最近になってフッ素とシリコンの間のような、ジカル制御形ハイブリット塗料と呼ばれる最新の塗料も販売されているんですよ。「ボンタイル」では塗料の消費量も塗装自体も時間もかからず簡単な作業といえます。


ボンタイルでの作業と対比して、使用する塗料も作業時間も3倍くらい多くなることもあるのです。その分壁の傷みはひどく、リペアする為の時間も要るようになります。



劣化をすでに経過して塗装のみでは対処できなくなり、大工さんと言った職人さんの補修もここ近年の代表的と言われる一戸建て住宅に限っては、モルタルとサイディングとALCとの3つのタイプがありますが、各々種類ごとに壁の凹凸の模様の外装の手間のかかりようが違ってきてしまうのです。

 

ホーム RSS購読